モーニングスター(4765)より株主優待案内が到着! 株式新聞ウェブ版無料購読券 仮想通貨50XRP


Pocket
LINEで送る

昔、僕が株を始めたばかりで会社四季報を精読している時に4762エックスネットに注目していました。(バリュー&高配当&無借金株)その隣のページにいつも載っていて指標が高いな….と敬遠していたのがモーニングスター(4765)です。

最近では好業績かつ高利益率で連続増配を達成しており、配当利回りも3.7%以上と輝きを放ってきたので注目し仕込みました。ここは大きくフィナンシャル・サービス事業とアセットマネジメント事業で成長しています。

フィナンシャル・サービスは投資家向けの資産運用に関する情報を比較・分析・評価してコンサルティングも行う事業です。ファンドデータやレポート、日刊株式新聞の発行や情報発信等を手掛けています。また、ウェブ広告や資産運用セミナーなどメディア向けの取組みも展開されています。(ここがコロナで対面セミナーが出来ず若干影響を受けています。)

もうひとつのアセットマネジメント事業は、投資信託の設定・募集・運用を行っている事業です。インデックス・アクティブファンドを手掛けているようです。ここの純資産増加額が売上高、営業利益に効いてくると見ます。

優待内容と定期株主総会招集ご通知の決算内容についてざっくりと掘り下げます。

モーニングスター(4765)の魅力をざっと紹介すると

  • 配当+優待利回り34%~90%!(株価400円前提)
  • 株主優待は100株保有で株式新聞半年無料購読
  • 20.3期は仮想通貨50XRPも進呈(5月12時点で1046円相当など)
  • 自己資本比率70%以上で好財務
  • 営業利益率20%以上で長期的に増収増益!(今期は営業利益以外増益)
  • 配当性向は高いながらも11期連続増配!

です。

単元価格が安いのと優待で株式新聞を1年分購読したかったので500株保有しています。配当性向的に今後の成長が無いと増配は厳しいですが、長期的にまだまだ増収増益していくと思うので気長に持とうと思います。3~5年後には配当利回りが5%になる事を期待して。ここは過去の業績を見ると安定しており急激な減益などは無いので安心して保有できます。そういう面も良いですね。

モーニングスターの資産株記事も載せていますので良かったらどうぞ

10年連続増配で配当金7倍!4765 モーニングスター 配当利回り 3.75%!【資産株お勧め51.】

 

 

 


1.株主優待案内

株主優待到着1.

  • 株主優待クーポンが1枚入っていました。
  • ここに日刊株式新聞ウェブ版の無料購読用のIDとパスワード、仮想通貨XRPのクーポン番号などが記載されており使用できます。
  • どちらも申込、利用期間が決まっています。

 

株主優待到着2.

  • 株式新聞ウェブ版は月間3000円以上するので使う方には破格の利回り(100株だと半年、500株だと1年分)になります。僕は新聞がどんなものなのか見た事が無いので申込した次第です。有益な情報があれば勉強になりますし。
  • 仮想通貨はこの優待が配られた時点の換算では1XRPあたり20円程度となっています。日々変動するものなのですね。こちらは50XRPなので1000円程度になっています。

 

株主優待到着3.

  • 500株保有で期末に増配を発表されたので4000円の配当も併せてもらえました。良いですねー。

 

2.20.3期決算概要

20.3期決算概要1.

  • 株主総会招集通知の内容を抜粋して掘り下げます。
  • これは経常利益の推移ですが、11期連続増益となりました。(営業利益は若干の減益)
  • ここ3年の伸びは緩やかですが絶えず伸び続けているのは素晴らしいです。
  • 第四四半期はコロナ影響で国内の公募追加型株式投資信託の純資金流入額が72%も減ったそうです。(同社のアセットマネジメント事業やセミナー集客減少等の影響が心配になる数字です。)この影響を受けて3密対策で資産運用セミナーの中止・延期影響や投資信託の売上減少もありました。
  • ですが、フィナンシャル・サービス事業のタブレットアプリが9万台突破地方創生アセットマネジメント会社の子会社化等で減少をカバーして辛くも増収・経常利益増益に繋げたそうです。

 

 

20.3期決算概要2.

  • フィナンシャル・サービス事業のセグメント別業績です。
  • 増収営業微減益です。タブレットアプリ台数の増加で増収となった一方、資産運用セミナーの中止・延期で減収なった分を合わせて若干の営業減益となっています。このコロナで超厳しい中、たったこれだけしか影響を受けないのは相当不況に強そうですね。凄い会社だ….。

 

20.3期決算概要3.

  • こちらはアセットマネジメント事業です。
  • こちらは増収営業減益。地方創生アセットマネジメント株式会社の再建型投資信託の信託報酬が加わり増収となる一方、公募追加型株式投資信託の純資産残高が8%程度減少したため信託報酬が減少し、結果営業減益となっています。
  • 新たに加わった創生マネジメントの信託報酬が来期は12ヵ月になるので、コロナでよほど既存の投資信託の純資産残高が落ちない限り来期は期待できそうです。株価は今のところ戻っていますし。

 

ここは安心して保有できそうですね。

 


3.株主優待申込上の注意点

  • 株式新聞ウェブ版の 優待利用期間は2020年6月1日から2021年5月31日までです
  • 仮想通貨50XRPは申込が2020年10月30日までです
  • 仮想通貨を使うためにはSBI VCトレードに口座開設が必要です

以上です!

 

投資家とランナーに幸あれ!

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ

にほんブログ村



 

Pocket
LINEで送る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA