日神グループホールディングス(8881)より株主優待到着!QUOカード、株主ご優待券、平川カントリークラブ平日優待券

Pocket
LINEで送る

首都圏で分譲マンションを45年間長期販売している日神グループホールディングス(8881)より株主優待が到着しました。ここは明確な強みが見えませんが、不動産分譲銘柄では手堅い業績で自己資本比率50%超えで好財務です。株価は400円以下ですが、QUOカードが1000円ももらえるので家族口座含めて保有しています。

優待内容と第46期ビジネスレポートをざっくり掘り下げます。

日神グループホールディングスの魅力は以下

  • 配当+優待利回り7%以上(353円で配当16円、QUOカード1000円前提)
  • 100株保有で株主優待はQUOカード1000円!その他2つ!
  • 低PER/PBR株でバリュー。
  • 自己資本比率50%で好財務

財務最新決算を少しみましたが、現金預金46億に対して流動負債が29億だったのでキャッシュも豊富ですね。(20.3期決算短信より)これは、堅実経営です。何故、こんな利回りで放置されているのか謎です。不動産は皆、この利回りがゴロゴロありますがこの好財務では安心ですね。今期減益でも減配しないかと。

日神グループホールディングスは資産株記事をまとめています。良かったら閲覧どうぞ。

  • 事業内容
  • 指標
  • 業績推移
  • 財務推移
  • 配当推移

などまとめています。

【株主優待】5万円台でQUOカード1000円ゲット! 8881日神グループホールディングス 配当+優待利回り5.3% 【資産株お勧め53.】

 

 

 


1.株主優待案内

株主優待到着1.

  • 株主優待は3月末に100株以上保有しているともらえます。
  • ひとつめはQUOカードの優待です。

株主優待到着2.

  • ここは分譲不動産にしては自己資本比率50%超えで好財務
  • 加えて長期的に安定して増益基調
  • 株価も400円以下で単元価格が安い事から家族口座分保有しています。
  • 初年度からQUOカード1000円×3つです。4万円以下でこれは嬉しいですね。

 

株主優待到着3.

  • 続いて株主優待券です。
  • 100株保有で更に2つもあるとは…

 

株主優待到着4.

  • 中身は日神グループの分譲マンション購入時に購入金額1%割引になる株主優待券がひとつ。
  • もうひとつは平川カントリークラブの平日ご優待割引券です。
  • 東建コーポレーションもゴルフ関係の割引優待を用意していましたね。ゴルフされる方にはQUOカードと合わせて相当な利回りになる株ですね。

 

株主優待到着5.

  • 今年は45周年記念配2円が付いて18円が期末にドカ!っと来ました。
  • 今の株価は380円ほどなので、QUOカードと合わせると利回り7%超えですね
  • こういう銘柄を分散投資で買うので資産株投資の長期利回りや収益は非常に安定しており大勝はしないけど確実に増えていきますね。

今後もこういう好財務で業績が安定しており高利回りを安定して得られる株に分散投資していこうと思います。

 

2.第46期ビジネスレポート

第46回ビジネスレポート1.

  • ここの不動産は分譲マンションが中心であるため自社マンションをバックにした不動産らしい表紙です。普通ですね。

 

第46回ビジネスレポート2.

  • 業績推移です。
  • 売上高は増収ですが中期では横ばいですね。
  • 当期純利益は微減益。これも5年で見れば横ばいのバラつき範囲内でしょう。
  • 自己資本比率は年々改善していきており、良好です。

 

第46回ビジネスレポート3.

  • 今期業績は減収減益。
  • セグメント別状況を見ると、主力の不動産事業が減収減益幅が大きいです。不動産事業は販売戸数は伸びたものの単身者向け物件の低単価品が多かった事、及び減収に対して販売費・一般管理販売費が低減できなかった事が原因です。販売管理費は短期間で減らせるものでないため難しいのでしょうね。
  • 建設事業は受注が好調で増収の一方、建設コストや労務費増で利益面では減益となっています。ですが、営業利益率は5%以上なのでまぁ良しです。
  • 不動産管理事業は賃貸物件数が増加により増収増益。ここはストックビジネス系ですね。安定収益源であり、利益率も10%と高いです。ここが今回のコロナのような不況の下支えになってくれるでしょう。

 

第46回ビジネスレポート4.

  • TOPIXです。
  • 分譲実績は今回721戸。45年間で32000戸を分譲されたそうです。
  • 2020年からは名古屋支店を立ち上げて地方拠点の強化に努めるそうです。中古リノベーション市場へ乗り出すとあります
  • その他、多田建設の新社屋のお話や老人ホーム開発事業のTOPIXがありました。

 

第46回ビジネスレポート5.

  • 簡易財務とキャッシュフロー計算書です。
  • 流動資産、純資産が順調に伸びていますね。ここは現金預金だけで流動負債を1.5倍程度賄えるので安心感があります。
  • 営業キャッシュフローがプラスなのでまぁ良しです。

第46期ビジネスレポート より抜粋

以上です!

 

投資家とランナーに幸あれ!

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ

にほんブログ村



 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA